姓名判断と同格同数の関係を確認しましょう  
       
姓名判断との違いと占い方法 説明赤ちゃん命名方位相談鑑定,改名
芸能人鑑定お問い合わせホーム
姓名判断の概要

姓名判断で知る同格同数現象とは


姓名の画数の吉凶だけでなく同じ働きの数字同士のたて・よこ・ななめの位置関係で様々な現象を判断する
方法です。
同格・同数が名前に存在すると(凶現象は)自律神経が狂いを起こし身体に悪影響を及ぼします。
事故、災難、手術を受ける、といった運勢です、別居や再婚をする、といった傾向も強くなります。

姓名判断で知る同格同数現象は姓名の裏に秘められた運勢
姓名の五格四運のなかに、同じ数字や同じ働きを持つ数字が存在することを「同格同数現象」と呼びます。しかもこの同格同数現象には、非常に神秘的な意味が込められています。

姓名を構成する画数に同じ数字が並ぶと、お互いに反発しあったり引っ張り合ったりして、画数の力のバランスに強弱が生まれます。この画数の力の強弱が、その人の性格や運命に影響を及ぼしていくのです。
同じ数字の位置関係を知ることで、姓名の裏に秘められた運勢を簡単に知ることができます。ここでは、縦、横、斜めといった同格の位置関係からさまざまな現象を判断する鑑定法を紹介します。これまでに説明してきた天地の大小、陰陽、接続部、基本数による病気占い、さらには後述する内面法とあわせれば、より総合的な判断ができるようになります。



姓名判断にも東西南北はあります、同格同数理論の説明と根拠(当姓名学の持論)


同格同数の本家が明かす九星気学(法象学)と姓名判断の内容、画数も
九星やカバラに基づいています


◆八方位のそれぞれの意味と同格同数は同じ意味を持ちます
八方位のそれぞれの意味と同格同数は同じ意味を持ちます
姓名  方位 運勢
 天格 東南 事業運、結婚運
 天 名誉運
 社会運 西南 結婚運、勤め運、妻運、
親戚・友人運
 人格 発展運
 外格 西 金銭運、結婚運、遊びづき
 家庭運 東北 財運、子供運、兄弟運
 地 交際運、部下運
 地格 西北 事業運、夫運

 姓名判断と九星の位置の紹介
 姓名判断での五格と四運と九星の意味(当姓名学の持論です)
 姓名判断と九星の位置の紹介

 
姓名には方位学と同じ東西南北が存在します、人格の画数は東の位置を意味し外格はの画数は西の位置を意味し北東は鬼門とも言われ家庭運の画数を意味します、また裏鬼門と言われる南西は家庭運の画数

姓の画数は南を意味し名前の画数は北を意味します、それぞれが自然の摂理に影響され風水や家相なども同じですが名前をとても深い関わりがあるのです、例えば人格の東と外格の西が同じ数になると大変です

太陽が東から昇り西に移動し夜になります、それが東と西で同じ画数になると24時間体の中に太陽存在しているかの様な現象が起こります、これを姓名判断での横同格現象と言います強いパワーにも恵まれますがその代償も大きいと考えられてください、また北東と南西が同じ画数になると鬼門と裏鬼門が接続され強いパワーの影響も受けますが通常の人では体や精神的な分が破壊されます。


生まれ持った運勢で回答は変わりますが、姓名判断は生まれ持った運勢と相性の良い名前を命名・改名し
ないと波乱の人生を歩むことになるのです、ただ良い画数と思い命名・改名することは、とても危険ですので

私の改名は効果が早く出て問題を解決出来ます。
(詳しくはお問い合わせまで)ご注意ください


姓名判断の画数が持つ意味と九星の持つ意味を深く考えましょう、画数の持つ基本数とも深くつながりがあります

一白水星は1画、二黒土星は2画、三碧木星は3画、四緑木星は4画、五黄土星は5画、六白金星は6画

七赤金星は7画、八白土星は8画、九紫火星は9画の意味からできていますカバラでの運命数も同じです。


姓名判断で知る、同格(同数)の種類はこんなにあります。


同格同数は下記10以外にも存在します、主な同格10種類の紹介です

姓名判断で知る同格同数の主な10パターンを紹介していますが 同格のパターンはその他
も多数あり
、この同格同数が運命の絆”に働きかけ人生を幸・不幸の道へと作用させます。

斜めの同格  横の同格  色の同格  天&地の同格  天格&地格同格
天&外の同格  地&外の同格  人&総格の同格  内運同格  霊化同格


斜め同格の姓名判断 斜めの同格

斜め同格
社会運と家庭運の画数が同じか同数
職や住居を転々とする事故運や転落運がある
再婚する人が多い精神の格闘・精神的な不安・
ノイローゼ・動き挫折・理屈・わがまま・
正義感・直感的・外れれば大失敗

北東のと南西の意味が重なり、この同格の影響力は
財運、子供運、兄弟運・結婚運、勤め運、妻運、親戚
友人運に強く作用します。
家相でいう鬼門・裏鬼門の影響が出るとても激しい作用が働く


斜めの同格のの詳細はこちら

横同格の姓名判断 横の同格

横同格
外格と人格の画数が同じか同数
短気・失敗・嘘・行動・ケチ・裏切り・奉仕・外交・頼られる。
異性問題と死を意味します。
弁舌が巧みで相手を騙します自殺と事故死を意味します

東と西の意味が重なり、発展・金銭、結婚、遊びなどの意味が
重なりの同格の影響力は太陽の様なエネルギーを常に受けて
身体を休めることができない


横同格の詳細はこちら

色気数同格の姓名判断 色の数同格

天格と名前の一文字目の画数が同じ場合一桁目が
同じ場合も含む。
浪費家・異性に騙される。天格と名前の一文字目の
画数が同じ場合一桁目が同じ場合も含む。
早熟で、性の体験が早い男にだまされやすい。
痴漢等に遭遇・オシャレで結婚が早い。

南と北・北北東の意味が重なり、この同格の影響力は
名誉や財運・交際運に影響


色の同格の詳細はこちら

天地同格の姓名判断 天地の同格

天地同格
姓の一文字目と名の一文字目が同じ場合
波乱・健康・病気。信用していた人に突然裏切られる
精神的な不安・ノイローゼ。

直接、南と北の意味が重なりこの同格の影響力は
名誉運交際運、部下運に激しく作用する南と北の
方位の影響から夏冬が一体化する為に体調等も
注意が必要


天地同格の詳細はこちら

天格・地格の同格の姓名判断 天格と地格の同格

天格地格の同格
天格と地格が同じ数字・同数の場合
精神的な不安・ノイローゼ・お人好し・災難。

南と北の方位のの意味が重なり、この同格の影響力は
天地同格の変化した姿
(東南と北西の意味が重なる)

天格と地格の詳細はこちら

天外の同格の姓名判断 天&外の同格

天外の同格
天格と外格が同じ数字・同数の場合
浮気・異性問題・営業的・嘘・恋愛・別居。

南と西の方位の意味が重なり、この同格の影響力
は金銭運、結婚運・遊びづきと激しく作用する


天外の同格の詳細はこちら

地外の同格の姓名判断 地&外の同格

地外の同格
地格と外格が同じ数字・同数の場合
災難・健康・事故・お人好し・挫折

北と西の方位の意味が重なり、この同格の影響力は
金銭、結婚運、交際運などがマイナスに働


地格と外格の同格の詳細はこちら

人格と総画の同格の姓名判断 人&総格の同格

人格と総格の同格
人格と総格が同じ数字・同数の場合
災難。交通事故・高所より落ちる・交通事故要注意。

東と南・北の方位の意味が重なり、この同格の影響力
は物事を急ぎ不安定


人格と総格の同格の詳細はこちら

内運ABの同格同数の姓名判断 内運ABの同格

内運ABの同格
内運Aと内運Bが同じ数字・同数の場合
満足度・事故・出費・扶養の義務・損失。

南と北また北の南が交互に重なり、この同格の影響力は
表や裏の方位の持つ意味が出てくる


内運ABの同格の詳細はこちら

霊加同格同格同数の姓名判断 霊加同格

地震・など自然現象にての災難の遭遇・火事などで財産の損失

南と北また北の南が交互に重なり、さらに東と西の意味も重なり、この同格の影響力
は画数配列が悪い場合激しく作用する


霊加同格の詳細はこちら

同格同数のルール




当サイトで紹介している当姓名学の同格同数理論 初年・中年・晩年、年代別に判断する占法を
平成12年6月28日に全ての権限権利を譲受しております、無許可の掲載・転載は禁止しております。





姓名判断の同格の定義 

 同じ働きを持つ数字の組み合わせのことを「同格」と呼びます。まず、どのような場合に同格となるのか、具体的にみていきましょう。同格には次の5つのパターンがあります。

▼まっすぐの同格

 115510101212・・・のように、同じ数字同士の組み合わせを「まっすぐの同格」といいます。同格の中では、最もストレートで強い現象が表れます。

▼基本数同格

 312、4と22、5と32・・・のように、数字の基本数が同じになる場合を「基本数同格」といいます。基本数とは、二桁以上の数字を一の位と十の位に分解し、それぞれの数を足し合わせて一桁の数字にしたものです。たとえば12の場合、1+2=3となり、312は基本数同格ということになります。716253443526170はすべて基本数が7ですから、7162543の組み合わせは基本数同格になります。

▼平行同格

 111213141・・・といったように、一の位が同じ数字の組み合わせを「平行同格」といいます。また、11223344・・・の組み合わせも平行同格のうちに入ります。 

▼逆同格

 12213443のように、一の位と十の位の数字が逆になっている場合を「逆同格」といいます。この逆同格は、基本数同格にもなっています。

▼同数現象

 見せかけの数字は違うのに、数字の持つ性質がまったく同じ場合を指します。

 同数現象の代表的な組み合わせが「3」と「10」です。見た目のまったく異なるこの二つの数字が、なぜ同じ性質を持つのでしょうか。

 実は、310は、大きな変化を生じさせる数字であるという共通の性質を持ちます。

 3という数字を考えるとき、人間社会の派閥を考えてみるとわかりやすいかもしれません。人数が2人から3人に増えると、そこには12の派閥が生じ、トラブルの火種となります。すなわち、3という数字は、それまで保たれていた平衡を破り、トラブルが起こり得る初めての現象だと言うことができます。

 一方の10はどうでしょうか。10は、初めて基本数に直すことになる二桁の数字です。10という数字を基本数に直すと「1」です。9から10へ変わるとき、それはすなわち、基本数1から再出発するということであり、大きな変化を伴います。

 このように、310もそれまでの平衡を破るような変化を起こす数意を持つため、同数だと考えられているのです。

他にも、同数現象を起こす数字の組み合わせには下記のようなパターンがあります。

  同数現象は姓名判断において大変重要な意味を持ちますので、ここに挙げた数字の組み合わせはぜひ
覚えておいてください。


 なお、1033は、同じ3でも性質が変化していて、同数現象とはみなしません。注意してください。


同数のルール 説明
1.同じ画数の同数 画数が等しい 8画と8画、9画と9画、18画と18画等。
同格の中では一番強く現象結果が現れます。
2.基本数の同数 1と10の位を
足すと同数となる
17画と26画と35画、5画と14画、19画と10画、
19画と28画、11画と29画と38画、12画と39画と48画等。
例8画と17画は、17が1+7=8となり8と8の同数
3.平行になる同数 1の位の画数が
同じ場合
11画と21画と31画、3画と13画と23画等
また11.22.33.44.55.66の組み合わせもです。
4.逆になる同数 1と10の位が
それぞれ反対
15画と51画、14画と41画等。
これは基本数の同数に含まれる
5.同数原理 数字が
一緒の意味
3⇔10,19,28
10,20,30,40⇔3,12,13,19,21,23,28,31
12⇔13,19,23,28,31
13⇔19,21,28,32
19⇔21,23,31
21⇔23
お問い合わせ・お申し込みはこちら