図
サイトマップ ボタン 日本語|ENGLISHCHINESE 図
図 姓名判断との違いとは 姓名判断の解説赤ちゃん命名吉方位の活用改名 図
鑑定例お問い合わせトップ

他とは違う姓名判断とは

他の姓名判断との違い


  
  
姓名判断で年齢ごとに、いつ何が起こるか判断できる鑑定方法です
  
   (初年期)29才から34才、(中年期)活動の時期29才34才(晩年期)47才53才、大きく初年・中年・晩年
   と下記図の様に三段階分けて鑑定していきますが、運命周期表にて年齢ごとにおいても鑑定でききます。

   さらに画数と画数の同格同数現象にても判断していきます

今までの姓名判断の例


下記の本体だけの姓名判断だけでは波乱にみちた人生となります。

 今までの姓名判断 図1  良いと思われる最大吉運数の画数のみを配置した形です
本体だけの姓名判断

姓名判断での人格16画良いとされる画数にも運勢が弱い方は気を付けなければこの画数の強さに負けてしますことがあります。
地格15画この画数はどちらかと言うと弱い画数ですが財運には恵まれます
外画16画
総画32画同じく画数の意味を深く考え配置しないと幸せと縁遠い悪い方向に進んでいきます
この画数配列は実際に存在する私の中学の人物ですが大きな事件を常に起こしていました
(画数の配列と持って生まれた運勢が重要です)


五行と陰陽の配列が良いと尚更、画数の持つ悪い意味が大き現れます社会運や家庭運も同格同数もどうなのかを確認しないと良い名前となりません理由は下記をご覧ください


姓名判断の違いとは《解説》


内面法による運勢判断法 内に秘めた本質を知る  

姓名を表面の画数で判断するだけでなく、姓名の画数をさらに分解し、その姓名が内に秘めている可能性や
運命を知る方法が「内面法」です。

姓名の内面の画数を確認るだけでその人が内に秘める本質を知ることができます。

下記の内面法の活用をマスターすれば、より的確で信頼性のある姓名判断が可能になります。

 
 
 

 上記のお名前は下図のように同格や同数が多数存在しています。

 
       同格同数とは←クリック
私の姓名判断の診断方法

左の図ような画数の配置(合計23や32)の場合は未婚、
既婚に関わらず女性では責任が重くなり、気の休まる時が少ないでしょう。
事故や健康にも不安を残しそうです。

大 凶
配 列
陰陽図一番悪い陰陽の配列 活動力弱まり、悲な事が起こる健康状態も悪くなっ

てくる。大病の恐れ、胸部や内臓の病気に要注意

姓名判断の表面
ボタン

■鑑定方法
表面の画数の吉凶だけでなく、年代順に細分化して判断する方法です。

■普通の姓名判断との違いです。
五格以外に社会運と家庭運、内運を加えて判断します。
下図のように年代順(ABC)に細分化して表面の判断を考えトータール的に考えていきます。
次に特徴である同格(赤線)を加えて判断します。
下図の赤線は全て同数(同格)の関係です
同格同数は毎日の生活の中で、悪く作用する場合と良い場合とがあり、毎日の生活の中で様々な影響を与えてゆきます判断はとても複雑です

陰陽の配列、中吉 姓名判断の内面、本体の運勢

ボタン2

初年:内面A
陰陽の配列、中吉 姓名判断の内面、初年期の運勢
ボタン3

中年:内面B   晩年:内面C
陰陽の配列、中吉 姓名判断の内面、中年期の運勢
ボタン4
陰陽の配列、大凶 姓名判断の内面、晩年期の運勢

例題集で確認しましょう

 名前の画数で判断するのが姓名判断の基本 


 姓名判断の本体と初年期、中年期、晩年期の関係



お問い合わせ

▲ページトップ


図
 
図