日本語|ENGLISHCHINESE
命名,平成の姓名判断"

方位相談




     ◆八方位のそれぞれの意味

方位 運勢
東南 事業運、結婚運
名誉運
西南 結婚運、勤め運、妻運、
親戚・友人運
発展運
西 金銭運、結婚運、遊びづき
東北 財運、子供運、兄弟運
交際運、部下運
西北 事業運、夫運

 それぞれの方位に意味があります、その場所に凶方位にて移動・移転した場合は必ずその部分が悪くなります
 とくに最大凶方位幾度も行くと大きな手術や最悪の場合は命を落とす事になります。

 【例】北東の最大凶方位に移転 旅行した場合 (日本から見るとアメリカ)
    
    財運・子供運・兄弟運に問題がでてきます、相続のトラブルや兄弟との生死別、子供の死や不妊症等ですまた
    
    北東の方向は八方位の中で一番、現象が強く現れますので注意されてください。

五行の概要

五行とは中国古代の哲学で言われるこの世の5つの物事の有様で、木火土金水をいいます。
木行は植物・木製品。木や草やそれらから作られたもの。色では青。方位は東。
火行は火炎。マッチの炎、ガスバーナーから太陽まで。色では赤。方位は南。
土行は土や地面そのもので、動かないもの。色では黄色。方位は中央。
金行は金属製品一般。刀やナイフから貴金属・宝石なども。色では白。方位は西。
水行は水などの液体。雨や池・海なども。色では黒。方位は北。

相生 相剋
五行

■相生相剋表 五行についての解説

【相手を助けたり自分が助けられる関係が相生】
木と木を擦りあわせると火が生れ。火が燃えつきると灰(土)になり土の中からは金が生まれ冷たい金属類は水分を引きつけ木は水がないと成長出来ない。五要素は助け合っており木は火が燃えるのを助け、水に助けられています。

【いじめあう関係を相剋】
土は水をいじめ・水は火をいじめ・火は金をいじめ・金は木をいじめ・木は土をいじめる。水が火を消してしまうような、いじめあう関係。

【いじめられる相剋】
土は木にいじめられる・木は金にいじめられる・金は火にいじめられる・火は水にいじめられる水は土にいじめられる


方位表     九星の相性を判断する     大吉は相生 大凶は相剋 
 真面目に仕事をするぞ!という吉方位 

■引っ越・開業など・移転の〔吉凶作用〕

凶方位に移転しないよう、気をつけて下さい、方位の凶現象
は、その時だけではなく、移転後、現象が、強く現れるので
ご注意されて下さいね。      
必ず、・最大吉方位を使用して移転することが、幸福・成功
の要です

        
 ◇九星の持つ意味

 真面目に仕事をするぞ!という吉方位 
 二黒土星の吉方位か  または西南に吉方位が来たとき
 
 商売繁盛 営業向上 信用を得たい時
 四緑木星の吉方位か  または東南に自分の吉方位が来たとき
 
 事業の拡張 資本の援助 お金がほしいときも
 六白金星の吉方位か  または北西に自分の吉方位が来たとき
 
 土地、家屋等の不動産を欲しいのならば、(不動産)
 跡継ぎ問題解消など
 八白土星の吉方位か  または北東に自分の吉方位が来たとき
 
 争いごと、裁判に勝ちたいとき、名誉、地位を得たいとき
 九紫火星の吉方位か  または南に自分の吉方位が来たとき
 
 恋愛・結婚・異性を望むとき
 一白水星の吉方位か  または北・東南・西に自分の吉方位が来たとき

法象學 時間表


吉方位へ移動するときは時間も吉時間にあわせます、下記の表から算出します。

時間
一白.四緑.
七赤中宮歳
三碧.六白.
九紫中宮歳
二黒.五黄.
八白中宮歳
PM 23〜PM 11 一白 七赤 四緑
AM 1〜AM 3 九紫 六白 三碧
AM 3〜AM 5 八白 五黄 二黒
AM 5〜AM 7 七赤 四緑 一白
AM 7〜AM 9 六白 三碧 九紫
AM 9〜AM 11 五黄 二黒 八白
AM 11〜PM 13 四緑 一白 七赤
PM 13〜PM 15 三碧 九紫 六白
PM 15〜PM 17 二黒 八白 五黄
PM 17〜PM 19 一白 七赤 四緑
PM 19〜PM 21 九紫 六白 三碧
PM 21〜PM23 八白 五黄 二黒

 ◆九星の持つ意味と相性
赤ちゃんの命名は九星の特徴を深く考えて下さい、宿命と名前

のバランスを考えます。

例 三壁木星の人で16画の横同格の名前の場合

   星と同格の両方に嘘という意味があり大きな嘘を
  
  つくことになり本人も悩み疲れる事となります。
     九星
貴方の九星を確認されて下さい。 例 昭和47年は(一白水星)

一白水星 大正7年・昭和2年・11年・20年・29年・38年・47年・56年

平成2年・11年・平成
20年
一白水星 (いっぱくすいせい/負けん気強い慎重派)

まさに「石橋を叩いて渡る」堅実人間。元々聡明な気質なので、うまく形を整えることが得意ですそれが高じると理屈っぽく行動の伴わない空虚な印象を周囲に植えつけがちですが、表面上と裏の顔お持ち二重人格に見られることも。貫徹心旺盛な負けず嫌い。

相性のいい星/ 三碧木星、四緑木星、六白金星、七赤金星


二黒土星 大正6年・昭和元年・10年・19年・28年・37年・46年・55年

平成元年・平成10年
・平成19年
二黒土星 (じこくどせい/惚れしやすい世話女房)

恋愛トラブルに巻き込まれがちな傾向にあります。
内面の成長度合いは高く、いささか決断力に欠け実直で勤勉な実務家と評価されます。
独占欲にさいなまれ、屁理屈をいうこともありますが、献身心に富んでいるので
補佐役にはこれ以上ないくらい適任。

相性のいい星/ 六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星


三碧木星 大正14年・昭和9年・18年・27年・36年・45年・54年・63年

平成9年・平成18年・平成
27年
三碧木星 (さんぺきもくせい/心情の素直なみえっぱり)

清廉潔白な性質なのに、見かけは自己主張が強く、高慢に取られがちです。また猪突猛進の気があるため、言うことと実行がともなわない、ほらふき、虚言などが発現しやすく、短気で失敗を繰り返す傾向も。お喋り好きで情にほだされやすいことから、うまい話に乗らないよう注意が必要でしょう。

相性のいい星/ 一白水星、四緑木星、九紫火星


四緑木星 大正13年・昭和8年・17年・26年・35年・44年・53年・62年

平成8年・平成17年・平成
26年
四緑木星 (しろくもくせい/人波を、およぐ夢追い人)

他人と協調しやすく、広い交際範囲を持つ星で、親しみやすく器用になんでもこなすため、人に用いられることの多い性質があります。しかし柔和な表面の下に強い我意を持つので、場合によっては実態がわからなく優柔不断と思われやすい
あまり早くことを進めずに、実直に行くとよいでしょう。

相性のいい星/ 一白水星、三碧木星、九紫火星


五黄土星 大正12年・昭和7年・16年・25年・34年・43年・52年・61年

平成7年・平成16年・平成
25年
五黄土星 (ごおうどせい/大器の器を持つ温和者)

我意強くとも、人の善悪を見定める目を持っているので、柔軟温和に対処する力を持っています。そのせいか悪人も少なく、常に泰然自若としていて、リーダー格として求められる傾向も多い。基本・長距離タイプですが、生育環境によっては奔放すぎてしまう場合もあるため、良い補佐を得るとさらに運気が増します。

相性のいい星/ 二黒土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星


六白金星 大正11年・昭和6年・15年・24年・33年・42年・51年・60年

平成6年・平成15年・平成
24年
六白金星 (ろっぱくきんせい/剛毅木訥な任侠の徒)

八方美人ではないけれど、それなりに協調性も持ち合わせ、その根底にはどっしりとした自分を持っているので、周囲から期待を寄せられ信頼される傾向があります。ただし飾り気少なく口下手な分、自分を持ちすぎて、ときに高慢に見えてしまうのが欠点。完全を求めすぎて短気、論争に発展しがちです。

相性のいい星/ 一白水星、二黒土星、七赤金星、八白土星


七赤金星 大正10年・昭和5年・14年・23年・32年・41年・50年・59年

平成5年・平成14年・平成
23年
七赤金星 (しちせききんせい/勘の鋭い器用な人間)

頭脳明晰で、人を喜ばすことが得意な社交性を生まれ持ち、なにごとも適度に器用にこなしていきます。しかし元来感覚鋭く口の立つ性質であることから、多弁に辛辣な言葉を吐き、論争に発展したりも。社交性が高じた異性関係、浪費癖に要注意、短気は厳禁。見栄を張らず、万事において自分を戒め堅実に進むとうまく運ぶでしょう。

相性のいい星/ 一白水星、二黒土星、六白金星、八白土星


八白土星 大正9年・昭和4年・13年・22年・31年・40年・49年・58年

平成4年・平成13年・平成
22年
八白土星 (はっぱくどせい/ペースを崩さぬ温厚な人)

形より実、夢を追わないなど、着実精神が旺盛。雄大で困難に強く、好き嫌いははっきりしているものの、表面はいたって穏やかなため、気持ちのよい性格と取られることが多いです。反面、剛毅すぎて強情、我がままに走る傾向も多少あり、利に走りすぎて失敗しないよう努めるのが肝心と言えます。

相性のいい星/ 二黒土星、六白金星、七赤金星、九紫火星


九紫火星 大正8年・昭和3年・12年・21年・30年・39年・48年・57年

平成3年・平成12年・平成
21年
九紫火星 (きゅうしかせい/気位高い感覚屋)

頭の回転がはやく、目立つこと、華やかなことを好む上昇志向。一方気が変わりやすく、ひとつのことを続けて遂行するのが苦手な面も見え隠れします。また他人と協調しにくい感覚ではありますが、人の考えや周囲の状況を察知する感性はとりわけ優れています。上昇運あり、金銭面での苦労は少ないので、寛容の心を持てば吉。

相性のいい星/ 二黒土星、三碧木星、四緑木星、八白土星









詳しくは鑑定をお勧めいたします 。
吉元鑑織の直接鑑定では、全てを用い鑑定いたしております。


▲ページトップ